menu
arrow_back

Working with Amazon EC2 Container Service

4 分設定 · アクセス可能時間: 55 分 · 完了までの時間: 40 分
Connection Details

注意: このラボで使用している AWS リソースには、受講中のハンズオンラボ、またはQwiklab™に関連しないデータは一切送信しないでください

8クレジット

info_outline
This lab costs 8クレジット to run. You can purchase credits or a subscription under My Account.

セルフペースラボ

バージョン 1.2.1

spl50-working-with-ecs-1.2.1

© 2017 Amazon Web Services, Inc. and its affiliates.All rights reserved.このトレーニング内容の全体または一部を複製または再配布することは、Amazon Web Services, Inc. の書面による事前の許可がある場合を除き、禁じられています。商業目的のコピー、貸与、販売を禁止します。

エラーまたは修正がある場合、aws-jp-tc-feedback@amazon.com まで E メールを送信してください。

他にご不明な点がある場合、 https://aws.amazon.com/contact-us/aws-training/ までお問い合わせください。

ラボの概要

概要

このラボでは、以下のステップを紹介します。

  • タスク定義(1 つ以上の Docker コンテナを含むアプリケーションの説明)を作成する
  • クラスター(タスクを配置できる Amazon EC2 インスタンスの論理的なグループ)を作成する
  • タスク定義で指定された数のインスタンスを同時に実行および維持できるサービスを作成する

このラボで起動される CloudFormation テンプレートにより、「default」というクラスター、クラスターの設定に使用する 10 個の Amazon EC2 インスタンス、ECS サービスと使用する Elastic Load Balancing が提供されます。

取り上げるトピック

このラボを修了すると、次のことができるようになります。

  • ECS のタスク定義を作成する
  • ECS クラスターを設定する
  • ECS サービスにアプリケーションをデプロイする
  • タスク定義の変更によりアプリケーションのアップデートをデプロイする
  • アプリケーションをスケールアップする

技術知識の前提条件

このラボを正常に完了するには、Docker コンテナに加えて、サーバー管理および開発運用に関する一般的な手法と用語に精通している必要があります。

また、TCP ポート、HTTP プロキシ、ロードバランサーなどのウェブアプリケーションとネットワーキングの基礎知識が必要です。

Join Qwiklabs to read the rest of this lab...and more!

  • Get temporary access to the Amazon Web Services Console.
  • Over 200 labs from beginner to advanced levels.
  • Bite-sized so you can learn at your own pace.
Join to Start This Lab
home
ホーム
school
カタログ
menu
もっと見る
もっと見る